通信制高校を卒業するために必要なこと

通信制高校は、毎月の決まったスクーリング、単位取得の為のレポート、そしてテスト、これをこなすことで、通信制高校を卒業できれば高校卒業認定が取れるシステムの学校です。全日制の高校へ何かしらの事情があり、通う事が出来なくなってしまった人にはとても良いシステムの学校です。

通信制高校の難しい所

高校を中退してしまった。でも高校は卒業したいという人にとってはとてもいいシステムなのですが、全日制と大きく違う勉強方法が、難しい点なのです。通信制高校はあくまでも自分で勉強するという意欲がとても必要となります。月に数回のスクーリング以外は自宅で自己学習となります。しっかりとスケジュールをたて、計画的に勉強を出来なければ卒業が出来ません。

同じ夢に向かう有人を見つけることが大切

勉強方法が難しく、途方に暮れてしまう通信制高校の生徒は少なくありません。そのような時は、通信制高校での仲間を探すのです。生徒はみんな何かしらの理由があり通ってきています。あなたの悩みも理解してくれるかもしれません。また、同じ目標に向かって頑張っている友達というものはとても原動力になります。少ないスクーリングですが、そのスクーリングを大いにいかし、仲間を探してみてはどうだろうか。

おすすめ通信制高校

通信制高校の専門コースで資格を取得しよう

まだまだ、年間を通してカリキュラムを作成し、出席日数や試験をクリアすることで進級をおこなう全日制高校が高校というと浮かぶ学校のスタイルです。しかし現在では、単位制を導入し、高校を3年間あるいは4年間という長い期間で把握し、前期・後期の二期制を利用して教育を行う通信制高校も注目をされています。


単位制だからできる専門技術の教育

介護士などの資格を卒業時に習得することを目指して学習を行うことができました。この高専と似たような形で、自由な時間の多い通信制高校では、専門資格やダンスなどの特別な学習を行うサポート校との連携を行う教育が始められています。通信制高校で高校卒業の資格を取りながら、空いた時間で専門的な学習を行うのです。資格だけでなくタレントの養成などを行っているところもあります。


プロを育成する専門学校と提携

このような教育を行う多くの通信制高校が、サポート校として現場のプロが指導を行う専門学校と提携を行っています。そのため、高校生のときから専門資格の学習を、現場で活躍する人のそばで経験できるのです。中にはスポーツの器材のメンテナンスなどを教えてくれる学校もあります。今まで専門資格の枠を超えて、専門知識が必要な学習を通信制高校に通いながら受けることができるようになりました。

おすすめ通信制高校

通信制高校で高卒資格

通信制高校に通うメリットの一つとして、当たり前の話かもしれませんが「高卒資格」が取れるというものがあります。しかし学校の種類は実に様々なものがあり一見したわけではその違いが分かりにくいこともあるのでここで紹介いたします。


通信制高校なら高卒資格を取れる

例えばサポート校と呼ばれる学校や高認予備校などという学校もあります。これらの違いを言葉で明確に説明しろというととても難しいのですが、明確な違いとしてはサポート校や高認予備校などは「高卒資格」は取れません。卒業という概念がないところもありますし、卒業したとしても肩書は中卒のままですのでご注意ください。


自分のペースで勉強できることは同じ

サポート校にしても通信制高校にしても自分の時間で好きに勉強できるという点においては変わりません。サポート校は自宅での個人授業にも対応しているなど、学校と家庭教師の間くらいのポジションにいます。しかし、通信制高校も年間登校日が4日のみというところもありますし、学校に定期的に通うことが難しいという方へのサポートは通信制高校も充実しています。同じ時間とお金をかけるのであれば、テストに受かった分が単位として認められたり高卒資格がとれたりと、将来何かの形で役立つ可能性の高い通信制高校を選ばれた方がベターでしょう。

おすすめ通信制高校