通信制高校の選び方は

なんらかの理由によって高校を中退した人、そのほか家庭の事情によって高校に行けなかった人など、通信制高校に通う理由は人それぞれにあります。
ですが、長い人生を歩む中で、そういった事情が落ち着いてきたとき、高校くらい卒業しておけば良かったと後悔する人は多いようです。


様々な人が入学する通信制高校

そのような人たちのために、通信制高校があります。
通信制高校には、幅広い年代の人たちが通っています。
あなたがもし高校に心残りがあり、学びたいと思っているのなら、今がそのときだといえるしょう。
ですが、通信制高校は全国各地にありますので、選び方に迷ってしまうかもしれません。
通信制高校の選び方として、どこに入学したらよいか分からないようなときは、資料請求をするのがよいでしょう。
高校を卒業するには、自分に合った高校を探すことが大切です。
月に何度か通うスクーリングというシステムが設けてある通信制高校が多いので、通えないような高校では、卒業が困難になってしまう場合もあります。


全日制高校と同等の資格が得られる

学費についても、私立と公立では差がありますので、スムーズに卒業するためにも、前もって通う高校のシステムを把握しておくことも大切なことになります。
通信制高校を卒業すると、全日制高校と同様に卒業証書が授与されます。
社会的にも全日制高校と同等の扱いが受けられるので、頑張って卒業しましょう。

おすすめ通信制高校

あなたを変える通信制高校

高校を中退、またはなんらかの理由により高校にいくタイミングを逃してしまった方の多くが通信制高校を選んでいます。通信制高校は少ないスクーリングで全日制高校と変わりない高校卒業資格を得る事が可能です。


●「高認」よりも通信制高校で貴重な出会いを

「高認」を取得すれば通信制高校に通わずとも、大学受験資格を得る事ができます。しかし、高認資格は高校卒業資格にはならない為、大学進学しなかった場合には就職希望先で「中卒よりはまし」というような評価にされてしまいがちです。また、通信制高校は全日制学校と比べて他の生徒と触れ合う機会が少ないのですが、同じような体験をしている生徒が多く良き理解者として精神的に支え合える友達ができたという方が多くいらっしゃるようです。共感者を得る事は、本人が思うより重要です。理解してくれる人のいる安心感から社会復帰を目指すキッカケになったという方も大勢いるのです。


●スクーリングとレポート学習

通信制高校のスクーリングは平均的に月に2回程度です。学校によっては全日制と同じように通う事ができます。学習スタイルは、自主学習した事を与えられた課題に沿ってレポートを書くことで確認を行うという形になります。レポートの提出点が一番大きな評価点となります。

おすすめ通信制高校

通信制高校の集中スクーリング

高校生活を卒業までの3年間の時間で考え、必修科目の単位を含めて卒業に必要な単位を取得することで高校卒業の資格を取ることのできる通信制高校が注目を浴びています。一年ごとに区切られてはいますが、留年という概念を取り払い、一年を前期、後期の二期に分けたことで非常に無駄のない時間割で学習することができるのです。


●スクーリングは登校日

通信制高校も高校なので、体調不良などよほどの事情がない場合以外は高校へ通う日が何日か必要となってきます。この日をスクーリングと読んでいて、年間に何日と定められている場合が多くあります。それ以外にレポートがちゃんと進むように授業を行うなどの取り組みももちろん行われていますし、単位ごとに授業に出席が必要な日数などもあるそうですが、今、とくに注目されているのがこのスクーリングの新しい活用方法です。


●集中スクーリングで野外学習を行う高校が増えている

集中スクーリングという形で、一年間に一度、自然の多い野外で校外学習を合宿形式で行う集中スクーリングが注目されています。通信制高校の中には屋久島の杉を見に行く校外学習など、日本に住んでいるのであれば一度見る価値のある自然遺産などを集中スクーリングで見に行くのです。自然の多く残る野外で行われることが多く、多くの生徒の大切な思い出になるそうです。

おすすめ通信制高校