通信制高校の専門コースで資格を取得しよう

まだまだ、年間を通してカリキュラムを作成し、出席日数や試験をクリアすることで進級をおこなう全日制高校が高校というと浮かぶ学校のスタイルです。しかし現在では、単位制を導入し、高校を3年間あるいは4年間という長い期間で把握し、前期・後期の二期制を利用して教育を行う通信制高校も注目をされています。


単位制だからできる専門技術の教育

介護士などの資格を卒業時に習得することを目指して学習を行うことができました。この高専と似たような形で、自由な時間の多い通信制高校では、専門資格やダンスなどの特別な学習を行うサポート校との連携を行う教育が始められています。通信制高校で高校卒業の資格を取りながら、空いた時間で専門的な学習を行うのです。資格だけでなくタレントの養成などを行っているところもあります。


プロを育成する専門学校と提携

このような教育を行う多くの通信制高校が、サポート校として現場のプロが指導を行う専門学校と提携を行っています。そのため、高校生のときから専門資格の学習を、現場で活躍する人のそばで経験できるのです。中にはスポーツの器材のメンテナンスなどを教えてくれる学校もあります。今まで専門資格の枠を超えて、専門知識が必要な学習を通信制高校に通いながら受けることができるようになりました。

おすすめ通信制高校

Comments are closed.