通信制高校で友達を作るのは大変だって聞きました!

全日制高校では、他の生徒達と一緒にいる時間長いためコミュニケーションをとる機会が多いです。
それに在籍している生徒も多いですから、それだけ友達作りのチャンスが転がっています。気が合えばすぐに打ち解けることも可能でしょうし、下校中寄り道をして遊ぶことも出来ます。しかし、通信制高校の場合はどうでしょう。登校する日数が少ないため、やはりなかなか友達を作ることは厳しいようです。他の生徒と接する機会があまりにも少ないため、コミュニケーションを取りたくても難しい。ですが、通信制高校によっては毎月必ず学校行事を設けて、友達作りの機会を提供してくれていることもあります。高校卒業以外に友達も作りたいと考えている方は、なるべくイベントや学校行事の多い通信制高校を選んだ方が良いかもしれませんね。


●通信制高校のスクーリングを活用!

通信制はスクーリングと言って週に何回、または月に何回と登校日が決められています。
スクーリングでは授業を行うのですが、このスクーリングを上手に活かすことで友達を作ることが出来ます。ずっと受け身でいるとなかなか友達を作ることが出来ないので、出来る限り積極的に自分から話しかけるというのがポイントです。もしかしたら、自分から話しかけることが出来ないだけで、話しかけてみれば意気投合してすぐに打ち解けることが出来るかもしれません。スクーリングは回数が少ないので、逃げ腰にならずまずは自分から話しかけてみて下さい。最初は恥ずかしい気持ちや緊張してしまうかもしれませんが、少しずつそんな気持ちもなくなっていきます。クラスに慣れるためにも、気になった人には声を掛けてみて。通信制高校には自分と同じ学年の人だけではなく様々な人が通っていますので、色々な友達が出来て有意義な時間を過ごせるかもしれませんよ。


●学校行事を狙っていこう!

スクーリングは回数に限りがあるため、なかなかスムーズに物事を進められないこともあります。
そんな時は、通信制高校が開催しているイベントや学校行事がチャンスです。多くの通信制高校では、オリエンテーション合宿や修学旅行などを用意しています。合宿となれば一緒に過ごす時間が長くなるため、それだけ声を掛けるチャンスも増えます。最初はお互いに何も分かりませんが、一緒に過ごしていく内に知っていくことが可能なので仲良くなれるきっかけがあるかも。少しずつ仲良くなることが出来れば、連絡先を交換しておくのも良いです。通信制高校は登校日が少ないので、連絡先を交換しておかないと話す時間もありません。連絡先を交換しておけばプライベートで会って遊ぶことも出来ますし、一緒に課題を進めることも出来て楽しくなります。通信制高校で友達を作ることは確かに難しいかもしれませんが、行動あるのみ!

おすすめ通信制高校

Comments are closed.