通信制高校からの就職率

通信制高校は高等学校卒業程度認定試験の合格とは違い、高校卒業の資格を得られます。
高等学校卒業程度認定資格の場合には、「試験資格を得るため」などのような目的があって受験するするひとが多いのが特徴です。
通信制高校は「卒業資格」を得るということが目的の場合、その進路について在学中に考えなければなりません。
「通信制の卒業だから」というデメリットはあるのでしょうか。


<通信制高校の就職率>

通信制高校の就職率は全国平均で13,1%です。これは全日制が15.4%、定時制が27.1%となっているところから見て、決して低い数字ではありません。
定時制には「働きながら高校卒業の資格を得る」という傾向があります。現時点で働いている、もしくは卒業後働くことを目標としている人が多く、その結果少々高い数字をマークしていると言えます。
全日制や通信制の場合には、確固たる進路が入学の時点で決めてはおらず、卒業までに決めるというケースも多いものです。
進学する人もいるということを考慮すると、双方に大した違いはありません。
それは「社会が通信制の卒業生を認めている」という表れとも言えます。
通信制だから就職に不利だとは言えない環境になってきています。

おすすめ通信制高校

Comments are closed.